フリーランス経理のいろは

フリーランスが会計ソフト選びにもし迷ったら

こんにちは、京都の若ハゲ税理士ジンノです。

今年に独立して起業した方、副業を始めた方から「会計ソフトで何を使ったらよいのかわからない」というご質問をいただく機会は多いです。

何度かここにも書いたことがありますが改めて整理してみましょう。

 

会計ソフトの選択肢は多い

会計ソフトってそんなにあるの?と思うかもしれませんが意外とたくさん選択肢があります。

 

大々的にコマーシャルをしていたりもしますし家電量販店で見かけるものばかりではないということです。

 

税理士、税理士事務所向けのものもありますがフリーランスの方であればややこしい機能は必要ありません。

 

パソコンにインストールするタイプとネット上で処理するクラウドのタイプの2つに大別されます。

 

パソコンにインストールするタイプのものでフリーランスの方にとってメジャーなのは弥生会計からリリースされている「やよいの青色申告」です。

 

クラウドタイプのものではメジャーなのは「freee」と「マネーフォワード」の2つが目立っているように思います。

 

フリーランスの方からご相談をいただいたりする機会に既に帳簿付けをしている方が使っている会計ソフトはこの3つのいずれかであることが大半です。

 

会計ソフトの使い方がわからない、という場合にはExcelで帳簿付けをしていただいているケースもあります。

 

Excelの場合は複式簿記を帳簿付けするのは難しくどちらかというと出納帳的な使い方になっていることが多いです。

 

それでも分からないので動かないというわけではなくキチンと分かる範囲でつけていただいているのは大きなポイントです。

 

というのも会計ソフトにはExcelからのインポート(データを取り込む)機能がついていることが多く、Excelで帳簿付けをして最終的には会計ソフトに取り込むという処理ができるからです。

 

会計ソフトでなにを選んでいいかわからないという場合にはExcelでよいので記録を付けていくようにしましょう。

 

こういうものはため込んでしまうとあとで大変になることが多いので何かで記録をつけることはまず第一歩とすることでお伝えしています。

 

会計ソフト選びをポイントで考える

会計ソフト選びで何を基準にするかは色んな軸がありますのでそれぞれポイントに絞って独断で考えてみます。

 

癖があまりないもの

癖があまりないもの=使いやすさで選ぶとするとやよいの青色申告が使いやすいです。

 

クラウド会計が出てくる以前の会計ソフトらしさを残しつつ、入力のしやすさが一番だと感じます。

 

次点でいうとマネーフォーワード、続いてfreeeの順番かなと。

いままで会計ソフトを使ったことがある方にとってfreeeはクセが強いと思います。税理士でもfreeeは合わないという方がいらっしゃるぐらいですので。

 

そう考えると初心者向けはやよいの青色申告がシンプルで癖が最もないかなと考えます。

 

どこでも帳簿付けしたいか

クラウドタイプの会計ソフトを使いたいということならfreeeとマネーフォワードのいずれかになります。

 

ただ外で帳簿付けをすることがあるかな?というのは素朴な疑問ではあります。

パソコンを持って出られるのであればその点はインストール型の会計ソフトでも問題はないです。

 

むしろWebに繋がっていないとクラウドタイプの会計ソフトは起動ができませんのでその点は注意が必要です。

 

例えばタブレットをノートパソコンとは別に持っていたり、ノートパソコンも複数台持っている場合にはクラウドタイプが便利です。

 

とことん効率化したいか

もし帳簿付けについてとことん効率化したい、あまり入力はしたくない、という場合にはfreeeがオススメです。

 

というのもfreeeは請求書の管理など帳簿付けの上流の経理部分からの連携がやりやすくなっています。

 

またスキャンしたレシートの取り込みや銀行口座とのデータ連携、Excelデータの取込のしやすさなど効率化を重視した設計です。

 

これらをとことん取り入れていきたいということであればfreeeを使うのがよいですが、できればfreeeにある程度習熟した税理士に最初のうちはサポートを受けたほうがよいです。

 

それは前述したようにfreeeという会計ソフトに癖があるからで人によっては使い方が全然あっておらずかえって手間が増えたみたいなことになりかねないからです。

 

まとめ

ゴールは決算書、確定申告書を作ることで同じですがプロセスの違いがあります。その点を念頭にお試しで触ってみるのもありです。

 

ご自身で帳簿をつけることはとてもいいことですので諦めずにコツコツ取り組んでいただきたいところです。

 

事業が続く限りは帳簿付けとは縁が切れませんので上手に付き合っていただけるように会計ソフトも自分に合ったものを選びたいところです。

 

ABOUT ME
ジンノユーイチ
京都市南区で税理士をやっています、ジンノユーイチ(神野裕一)です。 相続や事業のお困りごとを丁寧に伺い、解決するサポートをしています。 フットワーク軽く、誠実に明るく元気に対応いたします。